生年月日を元にする占い方というのは電話形式のものでも多い

占いのイメージイラストが印刷されたプリント

占いをしてもらうときにまず必要な情報として聞かれること。生年月日は必須ですし、生まれた場所や家族の情報でその人の歩んできた人生の大半は分かると言われています。

それは運命と言えばそのままなのですが、良く考えてみてください。自分が生まれてくるときにここでこの両親の元に生まれたいと願って生まれてこれると言うことに気づいていますか?人は生まれる前から自分の人生についてのビジョンを持って生まれてくると言われています。

不思議でなんとも信じがたい話ですが、小さな頃なんとなくここにずっと前からいたような気がしたり、両親に投げかけられた一言が初めてなのに妙に懐かしく感じたりしたことはありませんか?それは確かに非科学的なことですが事実なのです。

自分の始まった場所と生まれた日には深い関係があるのです。その事実を統計学的に検証しても不思議とその様な結果が出来上がるのですから。

自分の歴史を紐解いてみれば、その人生の道しるべは浮かび上がってきます。信じる信じないはその人の自由かもしれませんが、その様な事例を何万と言う単位で検証した結果に基づいて占い師は助言をしていくのです。

不思議な力を授かっている占い師も中には居るかも知れませんが、占いと言うのはそもそも統計学に基づいて結果を導き出すと言うものなのですから、生まれた日と場所が同じ人がもしも居たとすれば、同じような人生を送っていることに気づいて驚くこともあるでしょう。

そのような人のことを占星術上の双子と呼びます。そっくりな出来事が起こっていることを確認して同じだ、と共鳴する同士のことですね。

そのようなことからも立証されていることから占いは的確にあなたの人生に助言を与えることが出来るのです。まぁ、信じるかどうかはあなた次第なのですが。